スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼

今年も、あとわずかとなりました。皆様、わがままなホームページを御覧いただきまして、有難うございます。
皆様に,幸多い年になりますよう、お祈りしております。
 逕サ蜒・021_convert_20111226114337
来年の大阪ブース出展に向け販売品も作ります。また来年も、ご覧いただければ、幸いです。
逕サ蜒・051_convert_20111226112536
スポンサーサイト

韓国旅行 ヤンドンマウル

 お話が前後しますが、韓国旅行の体験をお話ししますね。

 昨年、世界遺産になったヤンドンマウルに行ってきました。日本で言えば、白川郷のような所です。白川郷は、かやぶきで、ヤンドンマウルは、藁の家です。90件ほど点在した地域ですが、今も住んでいます。
逕サ蜒・022_convert_20111215165617 逕サ蜒・032_convert_20111219162016
逕サ蜒・051_convert_20111219162108 逕サ蜒・031_convert_20111219165241





そんな中の両班(ヤンバン・貴族)のお家に泊めてもらいました。500年も経っている古いお家でした。

逕サ蜒・069_convert_20111219162155

 初めてオンドルの部屋で休みました。その温かさの優しいこと…。いつもの電気カーペットなどの暖かさが、刺すような温かさだと、初めて気付かされました。
 オンドルの部屋って、部屋全体が、和紙を張っているんです。テレビで韓流ドラマを見ていると、漆喰かな???と思っていたのですが、綺麗に隙間なく和紙が貼られていました。夜空には、満天の星が広がっていました。

     逕サ蜒・067_convert_20111219162242                 逕サ蜒・065_convert_20111219163747


 

お飾り制作  

今年は、何かと悲しいことの多い年でした。震災があり、直後に、愛犬のマーフィーが無くなったり・・・・と、少しブルーな時間が多い中、息子の結婚・・・これが1番の嬉しい出来事でした。
 来年は、皆に、幸せが来てほしいので、12月のお教室を急遽お飾り作りに変更したのです。三方にもペイントしました。
2012年が、皆さんにご幸福をもたらす年になりますよう!!お祈りしております。逕サ蜒・020_convert_20111215165539
お玄関用です。獅子舞の足がついています。鯛も元気いっぱいです。


逕サ蜒・022_convert_20111215165617 >御勝手口用です。 御獅子が守ってくれそうです。お餅の下に絵柄があります。お見せできなくて残念。

逕サ蜒・025_convert_20111215165653
三方にペイントしてみました。

逕サ蜒・027_convert_20111215170155
良い年が来ますように!コーディネートしてみました。

韓国旅行 螺鈿

 今回1番行って見たかったのが、螺鈿の産地・・・・色々調べましたが???やっと見つけたのがトンヨンでした。これは是非行って見ようと思い立ち、韓国へ行った次第です。釜山から1時間くらいの所でした。人がとても親切で、何でもお安いのに驚きました。田舎のせいもありますが、タクシー初乗りが、なんと140円!!!何処まで行っても気にせず乗れます。


 螺鈿工芸館は、人も少なく閑散としていました。裏へ回り散歩していると、螺鈿の作家さんが、何やら作業をしに出てきたので、思わず中を見せて欲しいと(韓国語が喋れませんので身振り手振り??)所が、すぐに通じたのです???。彼は、すぐにアトリエに迎え入れてくれて、下記の作品まで写真を撮らせてくれました。その間、私の質問にも韓国語で答えてくれ、でも、私も解ったんですよね!!!不思議です!!?。
逕サ蜒・139_convert_20111213181543
火鉢です。内側は、中心に近くなる程、細かな細工になっています。(これも、韓国語でした。)

逕サ蜒・142_convert_20111213181623
貝の種類でお色が違います。匠に色の変化を利用した作品でした。
逕サ蜒・181_convert_20111213181808
こちらは、漆器の美術館に、展示されていた物です。文箱のようでした。

韓国旅行

長々と、留守をしていました。旅行から帰り、色々溜った用事が済みました。
韓国旅行の、お話し致しますね。
初めての韓国訪問です。主に世界遺産を見てきました。そして、螺鈿の産地、トンヨンにも足を伸ばしました。あまり日本人には、知られていませんが、世界一のリアス式海岸が広がる風光明美な所です。ロープ―エーで岬の頂上に上ると、少し歩くのですが,360度瀬戸内海のような小島が広がりそれは絶景でした。   
逕サ蜒・173_convert_20111213000800
逕サ蜒・164_convert_20111213001803
騾包スサ陷偵・173_convert_20111213000800_convert_20111213001103
山々には、松林が広がり、深ーい緑に覆われていました。、私が子供の頃には、日本も松林がいっぱい有った事を思い出しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。